fc2ブログ

コラテラル・ダメージ(GYAO!)

2022年1月21日(金)

コラテラル・ダメージ

ロサンゼルス消防庁の消防隊長を務めるゴーディー(アーノルド・シュワルツネッガー)は、ダウンタウンの高層ビルの1階にあるカフェで妻と幼い息子を待たせていた。時間に遅れたゴーディーが駆け付けたとき、突然爆発が起き、彼の目の前で最愛の妻と子どもが死んでしまう。

2001年、アメリカ映画。
ゴーディーは爆発直前に犯人を目撃、その情報を当局に知らせる。
だが、やがてゴーディーは政府に犯人を捕らえる意志がないことを知る。
そこには、国家の目的のために多少の犠牲はやむを得ないという
“コラテラル・ダメージ”の考えが働いていた。
ゴーディーは自らの手で犯人への裁きを下す決意をする。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  *コラテラル・ダメージとは直訳すると「副次的な被害」
   軍事行動によって民間人が死傷したり損害を受けたりすること。
   止むを得ない犠牲と考えられることが多い。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
妻子をテロリストに殺されて復讐に走る消防士、
そのテロリストは元は教師で、アメリカに娘を殺されてテロリストになった。
人を殺すことの大義名分はどこにある?



【アーノルド・シュワルツェネッガー】
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

気ままなつぶやきおじさん

Author:気ままなつぶやきおじさん
☆FC2ブログへようこそ!☆
【映画と音楽とスイーツをこよなく愛するおじさんです。】
●日本スイーツ協会認定スイーツコンシェルジュ。
●株式会社明治認定ショコラアドバイザー。
●菓子検定3級合格。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
おすすめ
Amazonおすすめ
Amazon検索